部屋と頭の中は比例している

ひとりごと

3月くらいから、少しずつコツコツと職場と自宅の壁や配置を変えています。

で、最近しみじみと感じるんです。部屋と頭の中は比例していると。

 

やっと終わりが見えました

 

まあ、私らしいと言いますか、世紀の誤発注で、漆喰は約3倍、壁紙に関してはたぶん10倍くらいの量が届きました~(笑)。

 

当初は職場の1部屋だけの予定が、「使い切らないといけない~~!!」と、お尻をたたかれている気分でこのGWをこれらの消費に費やしたのです。

 

毎日子ども達の体操服を着て頑張ったおかげで、漆喰は2缶をすべて使い切りました!壁紙は貼っても貼ってもまだ少しだけ残っていますが、ゴールは見えてきました。

 

新しく壁を塗り替えて初めて、いかに今までの部屋が汚れて薄暗かったかがわかりました。日常の風景になってしまうと全く気が付かなかったけど。

 

さらに今回良かったことは、壁を触るために家具を移動させると意外な不用品が見つかったり、家具の配置を変えてみたりできたことです。

 

モヤモヤせずに生きる部屋作り

 

最近身に染みて感じます。部屋がスッキリしていると、頭の中もスッキリすること。

 

机の上とか物が多い時は、頭の中も整理できてない。反対に頭の中でぐちゃぐちゃ考えてしまう時に部屋を見渡すとスッキリしてないこともあります。

 

絶対ではないけど・・TVでお金持ちのお宅拝見みたいな番組では、ごちゃごちゃしている家はあまりないですよね。

 

反対に生活が苦しいというお宅は、物が多いなーという印象です。あくまでも個人の感想ですが。

 

頭がスッキリしていると、ビジネスや他のことも理論的に考えることができる。部屋をスッキリさせることは、成功への第一歩だと思っています。

 

かく言う私は、自分が小学生の頃や子ども達が小さかった頃、「よくあれだけの部屋で生活できていたな」というくらいごちゃごちゃの中で暮らしていました。

 

「なんかモヤモヤする!快適でない!」と感じていたことは覚えています。

 

未来のための部屋作り

 

インテリアの目標は「できるだけシンプルに」。ミニマリストにはなりたくないけど、できるだけ物は減らしたいのです。

 

今部屋を作り直しているのは、今を快適に過ごすためでもあるし、未来のためでもあるのです。自分のためと子どものためです。

 

万が一自分が動けなくなった時、誰かに何かを頼んだりする時、恥ずかしくないようにとわかりやすいように。

 

それから私が死んだ後、いろんな処分をしなければならない子ども達を思うと、やはり物は少ない方がいいに決まってますしね。

 

まだまだ処分しないといけない物はたくさんありますが、少しずつ少しずつですわ。

 

頭の中がなんかモヤモヤする人は、家具の配置換えをしてみたり、壁紙を変えたりしてはどうでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました