ハワイのYouTubeとインスタで思っちゃった。

ハワイ
引き続き「家から出ない人」

昨日に引き続きYouTubeで「家から出ない人」を見ています。先月発行されたレストランカードが出てきたので、だいぶ最近まで近づいたなーと思っています(笑)。

ある回では、街の中華屋さんに入ったのですが、夫婦でそんなに話もせずに、ひたすらゆっくり食べる映像。顔も映ってない。途中で私は一瞬寝落ちしたのですが、気が付いた時もまだお会計は終わっていませんでした。

ある回では、旦那さんがお米を研いでご飯を炊き、二人でそれぞれ自分のおにぎりを握っておいしそうに食べていました。それを見て、私もご飯を炊き、ツナマヨおにぎりを作りました。もう、一緒に暮らしているみたいです(笑)。

心地いい

最近YouTube見たり、ラジオ聞いたりする時に心地よかったり、力を抜いたままだらっとできるのは、やっぱり同年代の人の番組なんよな。

別に孤独を感じているわけではないけど、最近いろんな夫婦を見るようになっています。

ゴシップ的な観点ではなく、ある程度年齢がいった夫婦には哀愁が感じられるんですよね。長年の生活の中で生まれた2人だけのルールとかが、なんか歴史を感じられて私には興味深いんです。

ちなみに、タバコを吸うより体に悪いことは、「孤独を感じること」らしいですよ(笑)。

ハワイで炎上しているインスタ

娘と電話で話しながら職場へ歩いて行っている間、あるインスタの話に。ハワイの住人のおもしろいインスタをまとめているサイトがあるのですが、炎上している物があるというのです。

そのサイトはしょうもない記事が多いので、私はたいてい写真を1秒見るか見ないかでスルーします。当の記事も「ちょっと見た」程度で覚えていたのですが。

タレント?キャスター?のような3人の男性と女性シンガーが、ホームレスの人たちを支援するチャリティーコンサートに出演。

女性シンガーが、「自分も元々はホームレスであり、お腹がすいていたのでごみ箱をあさって食べていた」という話をすると、3人の男性たちは「ちゃんとお皿に乗せて食べたのか」とか茶々を入れ始め、はじめはジョークで返していた女性も泣いて歌えなくなってしまった、というお話。

3人を擁護するなら、エンターテインメントとして面白おかしくその場を盛り上げようとする気持ちがあったかもしれないけれど、ホームレスの人々のためのチャリティーの場であったこと、辛い過去を乗り越えた人の話を茶化すことは、人としてアウトだと思います。

そして彼ら3人は人前に立つ立場だから、なおさら良くない。実際、その人たちは叩かれてSNS上で謝罪をしています。

悪い人ではないのはわかりますが、あまりにも稚拙な行動でした。「まあ、それがハワイアンらしい」という人もいますが。

そしてその女性シンガーは、3人を擁護する発言をしています。器が大きい。

良くない言動をした人が炎上するのも、それさえも許そうとする人もいること、世界中一緒ですね。マッチも頑張れ(笑)!

コメント

タイトルとURLをコピーしました