娘を叱ったことがなかった、と今さら気が付きました。

子育て

娘22才。離れて住んでいますが、何日かに1度は電話する仲良しです(笑)

娘特派員
娘特派員

コロナで何もできないから自分について考えて、反省したんや。これからは人の意見に素直になろうと思う。

と言われて、私もしばらく考えました。

娘を叱ったことがないかもしれない・・

娘は悪いこともしなかったし勉強する時はしていたから、叱る必要がなかったような気がします。多少は「それはしたらだめ」とか言ったと思いますが、真剣なそれは娘も私も覚えていないのです。私の方がダラダラしてるし・・。息子には叱ることが多かったんですがね。

褒める子育てが流行った時もありましたが、そんなのは全く意識していませんでした。今頃になって「そう言えば、叱らなかったなぁ~」ってのんきに言っている母親も珍しいですね。

娘とその弊害を話しました。

  • 怒られることに慣れていないから、意見されると素直に受け入れられなかった。学生時代のアルバイトが長く続かなかったのもそのせいか?
  • さらに父親がいなかったのも何か影響している?
  • 心から気を許せる友達はいないのも関係している?

たまには叱ることも必要かもしれませんね。精神的タフさが養われるのかな。特に怒る必要のないお子さんなら、やはり部活クラブ入るのがいいかもしれません。そこでは理不尽な怒られ方もするでしょうから、それが社会に出てから役に立つかもしれませんね。

コロナのおかげで、22年の短い人生をいったん振り返った娘。これからの方が長いので、いい時間になったと思います。まあ、反省すべきはあまりにもぼ~っと生きている私の方なんですがね。

叱られることでシュンとなってしまう一方、やる気が出る人もいます。叱られることはデメリットだけではなく、精神的に打たれ強くしてくれるメリットもあります。

孫ができたら、意識して叱るようにしたいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました