弟の帰国

ひとりごと
やっと

行ったり来たりも含めると、数年間も中国に単身赴任していた弟が、昨日完全帰国できました!

 

身体がこちらに帰れば、もうこっちのもん!ってことで、家族みんな本当にホッとしました。

 

あのお国でもデルタ株は猛威を振るっており、発表されている数字は当てにならず、また政府のさじ加減でいつ隔離や出国制限されるかもわからなかったので。

 

さらにこのご時世、日本人であっても書類の不備で入国拒否されることもあるので、ちゃんと用意はできているのかも心配していたのです。

 

飛行機が着陸して約3時間で外に出られた様子。本当に良かったです。

 

国民性の違いにやられる

仕事の一区切りを終えたところで「絶対帰る!」と強く主張し、会社もやっと認めてくれたそうです。弟はいわゆる典型的な日本人とは違うタイプなので結構強い方なのですが、たぶん精神的にきつかったのだと思います。

 

実際、前任者は精神的に壊れて帰国しました。それほどあの国の人たちと仕事をしようとするのは、過酷ということなんです。

 

余談ですが、帰国の際、中国国内の空港でのお話。弟は入れなければならないアプリを1つ入れ忘れていたところ、親切な人が代わりに入れてくれたそうです。

 

「なんて親切な人!ありがとう!」と思ったら、お金を要求されたそうです。実際、そのアプリのおかげで入国もスムーズだったそうなので結果良かったのですが、最後の最後まで「日本人の感覚と違うな~」と感じたそうな。

 

娘の免許証更新延長

最近、4回目の娘の運転免許証更新延長を行いました。宛先の部署を間違っていたせいで、警察から電話がかかってきました。

 

疑われての電話ではなく、「宛先が違っているので、正しい部署に持って行きますよ」ということだったのですが、「一応、確認させてね」ということでいくつか質問されました。

 

海外から帰国できない状態になっている。東京までの飛行機は飛んでいるが、空港から自宅までは公共交通機関を使えないことを考えると、関西まで帰ることは現実的ではない。関空までの便数は本当に限られている。

 

ということをお話したところ、「娘さん、心配ですね~」と警察らしいお言葉をいただきました(笑)。

 

免許証更新のために帰国しようとしていましたが、2週間の隔離があったり便数が減ったりと、なかなか状況が整わず、約1年経ってしまいました。3年程延長可能らしいですが、いつ帰国できるようになることやら。

弟は現在自宅隔離中。それが明ければ、実家の母に会いに来る予定です。どの航空会社を使った?出入国の大変さなど、いろいろ聞きたいことがあります。楽しみです。

 

★★いつもご覧いただきありがとうございます。「50歳代」をクリックしていただけるとやる気がアップしま~す!★★
ひとりごと
スポンサーリンク
シェアする
メネフネをフォローする
オバhawaiiブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました