楽しかった ステイケーション(その4-大阪空港の社食・OASIS編)

ひとりごと

たくさん歩いたので早めに寝ることにしたものの、実はあまり眠れませんでした。興奮してたのかな。

翌朝

 

今回はツインルーム。普通のビジネスホテルよりは広いし、とても清潔感があります。ベッドもクイーンサイズでちょうどいい柔らかさ。

 

なのに夜中に起きてからあまり寝られなかった。たぶん歳のせいですわ。

 

客室写真

ホテルには朝食付きプランもありますが、せっかくこんなにお店がたくさんあるならその時の気分で選びたいと思うし、さらに今回は行ってみたい場所があったんです。

 

それは空港で働く方々のための社員食堂「OASIS」!50年続く老舗。一般の人も入れて、隙間から違う角度の飛行機が見られるらしいのです!

 

母にはいくつか選択肢を提案しましたが、「そこに行きたい!」と言うので決定し、YouTubeで入口を再チェック。

北ターミナルに入る前のローソン外の休憩所横、従業員通用口みたいな所を入ります。

 

OASISに潜入

 

JALやANAのロゴの付いたつなぎだったり、赤色や青色メインの制服を着られた方々が行きかう中、「ほんまに入ってええんやんな」と少し腰を曲げながら、汚れたドアを開けました。

 


関係者以外立ち入り禁止って書いてあるし、このドアの風貌では一般人は開けようとしませんよね。

 

ドアを開けるとすぐにありましたよ、オアシスが。時間的に人が少ない時だったのかもしれません。1組だけ先客がいただけでした。その方々は唯一の窓側に座っていて、様子から観光の親子3人組のようでした。

 

店内は広いのに、飛行機が見たい私たちもその方々の横に座りました。「違う場所に座れ!」って思われたかな(笑)。

 

そこからは飛行機も少しは見えますが、トーイングトラクターやコンテナドーリー、トーイングカーなどの働く車がよく見える場所でした。素敵!

 

入口の食券マシーンでモーニングを注文。ワンコインでもおつりが来ます。これから働く人のためなのでガッツリ系メニュー。コーヒーだけ欲しい方は、入って左側にあるセルフマシーンで150円。

 

さらに店内にはハワイアン・プレートランチ屋さんもあって、お馴染みのハワイアンジュースの缶がたくさん並べられていました。

 

お味は普通ですが、働く車を見れたり、「あの人はグランドスタッフさんや」とか人間観察もできるのがおもしろかったです。

 

上の階にあるカフェのようにオシャレ!ってことはないですが、ちょっとした特別感を味わいに、一度は訪れてみるのもありではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました