50代からのお金を考える。資産運用勉強中。

おばちゃんのおかね

漠然と老後の生活に不安を感じていた頃、両学長に出会いました。もちろんお顔も存じ上げないですが、TwitterやYouTubeで知って勉強させてもらってから、不安が少しなくなりました。

50代からのお金の話

最近は教材はたくさんありますが、「20代、30代、40代ならやるわなー」と思うものが多い中、50代からというタイトルが付いていると、ついつい見てしまいます。

初級として一番わかりやすいと思う動画を貼っておきます。同じような内容で以前も出されていたことがありますが、アニメ動画なので入ってきやすいと思います。

子育てもそろそろ落ち着いてきて、老後のお金の話をしたいと思っても、意外とみんなしたがらないんよね。余裕だから?
高校でもお金の教育を始めるべきだと思うし、もっと遠慮なくお金の心配についても話したい。考えずに、困ればすぐに公的援助に頼ろうとするのは、いかがなものかと思ってしまうのです。
私が不安だったこと

老後資金2000万円問題が騒がれ始めて久しいですが、ちょうどその頃に考えるべき年齢になっていたので、それがきっかけの1つだったかもしれません。

自分が今持っている資産もだいたいでしか把握していないほど、全てどんぶり勘定の私。そのため、ただおびえるだけでした。ブルブル・・資金は足りるのか、私のやっていることは正しいのか・・・。

閉経を迎えて体力にも自信がなくなり、できるだけ在宅の仕事に切り替えていきたいと考えるようになりました。前もって切り替えておけば、介護問題が勃発したとしても対応できるだろうと。

まず始めたのは株の勉強。知識ゼロというかマイナスからのスタート。周囲にアドバイスをいただけるような方はいないかと、さぐりを入れるために、いろんなところでワードをちょこちょこ入れて話してみても、興味を示す人は誰もいませんでした。

自分で勉強するしかない!と腹をくくり、本を読んだり、高い教材を買ったり、デイトレに憧れたり、暗号通貨に手を出したらネムを取られたり、ラジバンダリ・・だいぶ損をしています(笑)!!

50代からは証券などは、少しづつ現金化していくべき年代らしいですが、

私は50代でやっとお金のことを考え始めて、50代から投資を始めたいのに~~・・。

と、リベ大で勉強を始めたわけです。

 

私が決めたこと3つ

1つ目

だいたいですが、現在の資金を3等分し、以下を決めました。

  • 定期預金にはできるだけ手を付けない
  • 会社勤めでないので退職金がない代わり、60才から始まる個人年金をそれと考えて、できるだけ手を付けない
  • 普通預金にある余剰金を投資に充てる

普通の人なら、そんなの当たり前でしょうが、これを決めるだけでも頭がスッとしたんです。

2つ目

年金の繰り下げ受給。以前はなんとなく65才になったら速攻で申請しようと思っていましたが、やはり142%は大きいですよね。

国民年金(少しの厚生年金あり)なので、約65,000円/月が基本と考えると、80,000~90,000円になるはず。

65才を過ぎて、1か月20,000円~30,000円を稼ぐとか、株で儲けられるかといえば不可能な方がかっている。何もせずとも年間20~30万円プラスはすごいことです。5年元気でいれば70才から少しラクになります。

3つ目

つみたてNISAやその他の毎月購入の株などは、65才頃から少しづつ売却していこうと考えています。

わずかですが、配当金はうれしいものです。卵を産んでくれるにわとりは大切にしたいですが、70才くらいになれば本当の終活、いろんなものを極力シンプルにしたいのです。

今日の両学長のYouTubeでは、インデックス投資の出口を教えてくれていました。4%ですか・・。出口戦略を教えていただけるのはありがたいです。

もちろん現在の生活水準はそのままで、楽しいこともしながら、お金の心配をしない老後を迎えたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました