M-1終わった。頑張ってる人、みんな幸せになれ!

お笑い

M-1、終わってしまいました・・。

これからは年末の準備をするだけかぁ・・。

マヂカルラブリー、おめでとう

マヂカルラブリーでしたね。発表の時、一人で見ていたのに「え、えぇ~~!」と声を出してしまいました。ちょっと意外だったから。

最終3組が終わった後、「もしかして見取り図?東京進出か?!」と早々と想像を巡らせていたのですが・・。見取り図に取らせたかったな。

小田さんも大好きだから、おいでやすおだでもよかったけど、ちゃんとしたしゃべくり漫才が好みだし、見取り図は2018年からの推しだから(笑)。

まあ、仕方ない。あの日はマヂカルラブリーに幸運の神様が付いていたんやろ。運も実力のうち。見取り図にはまた来年も頑張ってほしいな。

マヂカルラブリーは、賛否の意見が聞こえてくるだろうけど、どんな「否」の意見も実力で跳ね返してほしいな。

今年は新しい顔ぶれが多くてフレッシュだったけど、その分残念ながら円熟味というかおもしろみというかが、前年に比べると少なかったかなあ・・。(偉そうにすみません)

でも結局、芸人の皆さんへはリスペクトです!

あ、それから、今年、上沼さんと塙さんが妙に優しく見えたのは、私だけでしょうか?

敗者復活戦

敗者復活戦から勝ち上がったのは、インディアンスコウテイも改良されて、だんだん好きになってきました。

私は普段はおとなしい正統派の漫才が好きだけれど、あの寒空の下なら、インディアンスやコウテイくらい元気がある方がいいですね。

普通寒いと口が回らなくて、さらに緊張まで加わるから、みんなよくかまずに(多少はあったけど)やってるな、えらいな~と思ってしまいました。

M-1はおとなの甲子園

お笑いを好きではない人には、全く関係ないことではありますが、私は「M-1はおとなの甲子園」だと思っています。

これまた野球を好きでない人にはわからない感覚でしょうが、野球少年は甲子園を目指して何年もつらい練習に耐え、完全燃焼した時涙を流す。そして彼らを支える家族や応援する人たちも、それまでのストーリーを含めて感動する。それが甲子園です。(個々人でいろんな意見はあるでしょうが)

M-1を目指す漫才師も同じく、さらなるステップを目指して頑張る姿には感動すらします。

芸人さんは修業期間(売れない期間)が長いのが一般的ですね。今回最年長の錦鯉・長谷川さんは49才でした。

私の息子は小さい事業を立ち上げたばかりで、コロナの影響もあり思うような業績を上げられていないけど、「芸人さんと同じと考えてる。とりあえず30才まではどんどん失敗して、経験を積みなさい。」と伝えています。

どんな芸人さんにも親はいるし、成功すればその人の家族まで喜んでいる姿が見えます。今頑張っている人は、みんな成功して幸せになってほしいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました