「継続は力なり」「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

ひとりごと

ようやく朝夕はしのぎやすくなり、久しぶりに歩いてきました。気持ちいいですね。きれいな夕焼けです。
継続は力なり

気圧の関係か、実は朝からずっと頭が痛いのです。今日は書けないかな~と思っていました。

しかし先ほど見たTVで、74才の沖縄のおじいさんが、バスケの3ポイントシュートでアメリカ人相手に500連勝中というのを見ました。50才から路上のゴールで毎日練習したそうです。

3ポイントシュートというと、あの八村塁選手も今期は精度を高めるために練習していますよね。距離がある分、腕力と脚力が必要です。それを克服するために、おじいさんは毎日体全体を使って練習しています。それを見たら「頭痛~~い。何も考えられない」とか言ってられないなと奮起したわけです。

「継続は力なり」・・昔から言われているし、何度も身を持って感じたのに、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」・・すぐ忘れてしまうんすよね~。

 

文化の違いを感じたこと

今日の娘との電話でも、そういえば忘れていたなということがありました。ハワイでは2度目のロックダウン中。昨日、娘と2人のお友達と、久しぶりにスカイプで話をしたそうです。

先日の私との電話。

娘は1軒家を、60代アメリカ人男性と、10代か20代の日本人女子大生と、3人でシェアしています。 おじいさんはとても親切ですが、今はシングル。 最近、珍しく女性を連れてきたことがあったそうです。 普段は無地の地味なベッドシーツなのですが、女性が来た日はヒョウ柄になっていたーー!

という話を聞いて、私も会ったことがあるので、想像ができてキャッキャとおもしろがりました。娘はこの話を、私で試したわけです。

ウケたと思った娘は、日本語は話せるけどニュージーランド国籍の現在日本在住の日本人と、日本語は話せるけど母語ではないアメリカ人のお友達にも同じ話をしました。

すると二人は ぽか~ん だったそうです。

まずヒョウ柄がわからなかった。Animal print や leopard pattern とかいうべきだったと。その他にも、日本語を話すからといって、文化や感覚までそうだと思ってはいけないと、再認識したそうです。

英語がわかっても、スタンダップコメディーをおもしろいと思う感覚はないかもしれないということです。

暗くなって、気持ちの良い風が吹いてきました。また歩いて帰ります。涼しくなったから、イヤホンの中は、クラシック音楽もいいかもしれませんね。

 

♪♪私の「気象病」についての記事はこちら♪♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました