プールの飛び込みは、モチベーションを持たないとできないのです。

健康

2日連続、私が焦りながらサーフィンに行く準備をしているを見ました。サーフィンなんか1回もしたことないし、したいとも思っていないのに。

理由を探すと、思い浮かぶのは1つくらいしか・・。スイミングクラスの飛び込み練習かな・・?

先週飛び込みの練習をしました。今までもしたことあるのですが、「練習しても使わないし」という気持ちが邪魔して、恐怖心を消すことができません。

先生が「来週もやってみましょう」と言った言葉が、ずっと頭に会ったのかもしれません。それがインスタで見ているサーフィンの映像と、また飛び込まないといけない焦りの気持ちがごちゃごちゃになって夢になったのかな。

イメージは完璧なのですが
やっぱり今週も巨大な音を出して、飛び込むというより落ちてきました。あばら鼓膜水着が破れそう!
落ちた時に自分でもおかしすぎて、ニタ~っと笑いながら水面から出てきます。たぶん気持ち悪いでしょう。
向こうのコースでウォーキングしている人たちも皆見ています。皆さんにお笑いをお届けできたかな。皆さんが1週間幸せでありますように(笑)。
75才のおじさんが「少し遠くにジャンプするイメージで」と教えてくれました。おじさんの胸も真っ赤でしたが。
先週「飛び込んで1回あばら骨を折ったことがある」と言っていた80才代のおじさんが、今日は欠席。
「まさか?本当にまた折れた?」と心配していたら、葬儀出席のためとのこと。安心しました。
娘と答え合わせ
ちょうど家の玄関ドアを開けた時、マッサージ学校に通う娘から電話が。
以前はあまりやりがいを感じれなかったけど、最近体重のかけ方をYouTubeで勉強して以来、お客様の反応がよくなって楽しくなってきたと。
なんでも、ゼロからでも、YouTubeで習得できるとは聞いていましたが、本当だったんですね(笑)。
お互いの話をして、結局「嫌々やっても、何も身に付かないね」という結論に至りました。
私も、飛び込みがきっと役に立つ日が来るかもしれない、ホテルのプールでかっこよく見えるかもしれない、というモチベーションを持って練習しなければなりませんね。
「飛び込みの練習をしましょう」という言葉を聞くなり、皆が私の方を見て笑うけど、恐怖心に負けず頑張ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました