ハワイらしい柄とかわいい色!Jana Lam(アーティスト):【ハワイ好きのための書き取り練習9】byハワイアン航空

ハワイ

Jana Lamさんのお名前を知らなくても、作品を見ればきっとハワイ好きの女性なら1度は見たことがある!と思うでしょう。私もデザインと色が大好きです。

ハワイアン航空のパートナーとして紹介されています。英語だけだったので、聞き取って日本語にしてみました。

YouTubeの「3つの縦ドット」を押せば、スピードが変えられます。0.75にすると聞き取りやすいと思います。トライしてみてください。

HawaiianMiles Partner Series: Jana Lam

私のデザインの美学は本当にかなりシンプルです。それが私がアーティストだと言うのをためらっていた理由の1つだと思います。私はこれらのものを見て、それは単なる花であり、単なる葉です。

So my design aesthetic is really pretty simple, which I think has been  part of the reason I’ve been hesitant to say that I’m an artist, because I look at these things and it’s just a simple flower, it’s just a simple leaf.

 

高校ではあまりアートをやっていませんでした。あの頃アートは将来自分がやっていけるものだと考えられていたらよかったと思います。

 I didn’t do much art in high school and I wish that I had thought that art was something viable for me to do in the future.

いつも何かクリエイティブなことをやっていて、いつも落書きを描いていましたが、もっと描いていたらよかったのにと思っています。

I was always doing something creative.   I did painting, I drew doodles all the time but I wish that I had done more.

 

2年半ニューヨークに住んだ後、サンフランシスコに引っ越しました。すぐにコンサルティング会社で働き始め、10ヶ月も経たないうちに「他に何かしなければならない」と感じました。

After living in New York for 2 and a half years I moved to San Francisco, and I immediately started working for a consulting company, and within 10 months I was like “OK I have to do something else.” 

私はいつもクリエイティブなことをしたかったので、学校に戻り、今回はアートスクールに行くことにしました。

 I’ve always wanted to do something creative so I decided to go back to school and this time to go to art school.

 

それから偶然に私は選択科目でスクリーン印刷を取りました、そして私はすぐに恋に落ちました。

And then by accident I took an elective and screen printing and I just fell in love with it.

私は本当にラッキーでした。 私がこれを始めた時、私の父は本当に全くしり込みしませんでした。私はある日文字通り彼に尋ねました、「あのね、ガレージで印刷の仕事を始めたいんだけど、仕事台を作ってもらえる?ガーレジスペースを引き継ぐわ。 」 そして彼はそうしてくれました。 ためらうことなく。

I’ve been really lucky.   My dad, when I started doing this,  he really didn’t flinch at all.   I just literally asked him one day “hey, I want to start printing in your garage.   Can you build me a table?   So I can take over your space.”  And he did it, no hesitation. 

 

私は縫い方もわかりませんでした。 それを助けてくれたのは母です。両親はどちらも私をサポートしてくれました。その点で私は本当に幸運でした。

And I didn’t know how to sew.   My mom was the one who helped me with that.   They were both them to support me and I’ve been really lucky in that respect.

在学中、ハワイにとても刺激を受けました。 私がやったことには全て、トロピカルな雰囲気や島のフィールドが入っていました。ハワイはたくさんの美しさとたくさんの自然に囲まれていました。いつもインスピレーションを受けています。

When I was in school, I was very inspired by Hawaii.   Everything that I did kind of  had a tropical feel or an island field in.   Hawaii were surrounded by so much beauty so much nature.   It’s hard not to find something to be inspired by. 

 

息子が本当に小さい頃一緒にビーチを散歩してインスピレーションを受けて作った貝殻のプリントは、昨年始めたネイティブコレクションになっています。また、モンステラの葉をやらなきゃいけないと言う人がいたので、それもしました。

When a shell print that was inspired by walks along the beach with my son when he was really little.   We have a native collection that we started last year.   And then you have people telling you that you gotta do a monstera.  “All right”, we did a monstera.

物事が頭に浮かび上がって来た時には、それを書き留めておかなければならないと思いました。

And then a lot of times I just thought things just pop into my head and I have to scribble it down.

 

私は文字通り鉛筆と消しゴムを持って机に向かい、完全に正確になるまでこれらの物を丹念に描きます。 デザインを取り込んでコンピューターにスキャンし、スクリーンに映し、それからスクリーンを洗い流し、デザインができあがったら、それから戻って印刷します。

I literally sit with pencil and my eraser, and painstakingly draw these things until I get them exactly right.   We take the design, and we scan it into the computer, which we then shoot onto the screen, and then wash the screen off and voila there’s the design and then we come back and we print it.

 

出店すると、人々がお店に来てくれます。彼らの製品が作られ、実際に印刷されるのを見ることができます。すぐに多くの人々は頭の中でピンと感じます。「ああ、これは実際にはバッグのアートワークなんだ。」と。

And then since we move into the shop, people get to come in, and they get to see their products being made and actually printed and it clicks in a lot of people’s heads right away they think “Oh, gosh.  This is actually artwork on a bag.”

家に帰って子ども達と一緒にいると、常にてんやわんやの状態です。 子どもたちが寝ると、それからがまた私の時間であり、クリエイティブな時間、そしていろんなことをうまく回すために全ての時間を使い始める始まりです。

It’s a constant juggling act when I go home, I’ll be with my kids.   When they go to sleep, that’s my time again, that’s when I start creating and using all hours of the day to really get things done.

 

私の息子は本当に芸術が大好きです。私が子ども達に教えようとしている非常に大きなことは、このことがクリエイティブでアーティスティックな何かができる可能性があるものだということです。

My son really loves art, and it’s a really big part of what I do is trying to show my kids that this is something that’s possible that you can do something creative and artistic.

私はここ数年、バッグデザイナーやバッグメーカーだけでなく、アーティストとしての自分を確立するための旅に出ています。

I’ve kind of been on a journey for the past couple of years to establish myself as an artist and not just a bag designer or a bag maker.

 

私にとってPOWWOWのような、より大きなプロジェクトを行うためにそこに身を置く必要がありました。それは本当に大きな挑戦でした、「あなたは壁画家ではないんだから、描けないよ。」と頭がおかしいと思った人もいると思います。「それが私の道の真上にあるような気がるから、私のアートワークをそこに出したいわ。そしたら人々は私のことをバックアーティストだけでなく、実際にアーティストであることを理解してくれるようになるでしょ。」

I needed to put myself out there to do bigger projects that was what POWWOW was for me.   It was a really big challenge, and I think some people thought I was crazy they’re like “You’re not a muralist.   You don’t paint.”  and I was like ”It’s actually right up my alley and I want to put my artwork out there, so people start seeing that it’s beyond the bags I’m actually an artist.”

チャレンジは成長させてくれるものです。何かが怖いとき、それはあなたが本当に頑張るべき時であり、それがあなたを前進させてくれます。

The challenges are what makes you grow.   When something is scary, that’s when you really have to go for it and that’s what’s gonna propel you forward.

 

私はハワイを代表していること、本当に素晴らしいものを作り出すことができること、空がここでしか始まらない限界だとわかること、が大好きです。 私たちができること、そして世界にハワイをお見せできることがもっとたくさんあります。

I love representing Hawaii and being able to put out something that’s really awesome and knowing that the sky is the limit it only starts here.  There’s so much more that we can do and that we can show the world Hawaii. 

 

 

♪♪ ベトナムのサンドイッチ・バインミーを、ハワイで製造販売しているご家族の記事もオススメです(ハワイアン航空YouTube) ♪♪

♪♪ コナコーヒーはお好きですか?こちらの記事もオススメです(ハワイ州観光局YouTube) ♪♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました