ハワイのロックダウン6-ハワイの皆さん頑張ったのに延長されてしまったね・・

ハワイ
息子特派員
息子特派員

ハワイでは2日連続新規感染者0人ですが、残念ながら、先ほど5月いっぱいまでロックダウン延長が発表されてしまいました。

ちなみに、まだラニカイの豪邸に滞在中です。

ハワイはむちゃくちゃ頑張ってると思うわ!  解除されるかと期待していたからちょっとショック。

コロナ補助金

日本ではやっと一人10万円と決まって、その方法等未だに検討中ですが、アメリカでは4月15日から配布が始まりました。 娘特派員は、配布当日に早々と$1200が振り込まれました。 家賃が払える、気分が楽になったと言っていました。 トランプさん、仕事が早いですね。 秋には選挙ですしね。

一方、息子特派員への振り込みは、4月23日現在まだということです。 前回にも書いたお金持ちのご厚意で、贅沢にもラニカイビーチが目の前の別荘で隔離生活中。 特にすることもないので、毎日「ピルボックス チャレンジ」をしているようです。

ピルボックス チャレンジ

ピルボックスとは戦時中に作られたトーチカ(コンクリート製の陣地)のこと。 スプレーの落書きがストリートアートみたいで魅力的であることや、手軽にハイキングが楽しめることから、今ではインスタスポットとしても若者に人気があります。

オアフ島にはいくつもピルボックスと呼ばれるものはありますが、息子が毎日登っているのは「ラニカイ・ピルボックス・トレイル」。 岬の先端にある2つめに到着したら、ピルボックスによじ登って、足を放り出して座るのがお約束。 往復1時間のコースですが、息子がチャレンジと呼んでいるのは、10分以内に登りきること。 あほです。

だがしかし、そのあほが10日目にして目標達成しました。 ハワイでの仕事に必要な資格も、人の何倍もかかりましたが、あきらめずに結局取得できました。 失敗を繰り返しても、何度もチャレンジして目標を達成するのが得意になってきたようです。 その点は誇らしく思いますよw。

ちなみに今はヒゲぼうぼうです。 一応、コロナのアジア人差別対策の一環だそうです。

何かされたん?

息子特派員
息子特派員

俺はないけど、友達はごみ投げられたらしいで。

ロックダウンから1か月

娘特派員はといえば、今日送ってきた写真では、脚を前後にペタッと開脚できていました。 毎日柔軟体操を続けたそうです。 これもロックダウン1か月の成果ですね。(写真は娘ではありません笑)

あと、朝6,7時にの合唱で起きるようになったそうです。 8時になれば少し減り、9時になるともっと少なくかわいい声に。 鳥の声で起きるのは気持ちいいと気付いたとか。 そうでしょう。 私がハワイで好きな第1位は「」、第2位は「鳥の声」なんですから。 いや、「」が2位かも。

あと1か月か・・

「4月末まであと1週間!」と頑張ってきただけに、「5月末まで」と発表を聞いた後、多くの方ががっかりしている様子が伝わってきました。 もう一度気持ちを立て直さないといけませんね。 ハワイは昔、白人が入国して来た時に疫病が流行って、多くの原住民が亡くなったという歴史があるから、より慎重になっているのかなとも考えます。

ハワイの学校は、今オンラインで行われているようです。 通常だと5月末から夏休み。 ということは、そのまま学校に行けないということもあるのかしら。 学力が心配になってきます。

1つの朗報。 禁止されていた公園でのランニングやウォーキングは、4月25日からOKになるそうですよ。 徐々にいろんなことが緩和されるとは思いますが、せっかく厳格にやってきたのだから、気を緩めることなく徹底的に頑張ってほしいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました