ハワイのロックダウン4 ー マンションにコロナ陽性者が出たぞ!

ハワイ

忍び寄ってんなと感じてたけど、ますます現実味を帯びてきた~。

息子特派員からの写真

息子の住んでいる建物に、「新型コロナウイルス陽性の人が出た。一応消毒したけど、みんなそれぞれ気を付けてね。」という張り紙が!

慎重派の息子はどんな気持ちかしらね。 明日から日本行きの飛行機は飛ばなくなるので、帰国はあきらめたようですけど・・。 感染しないように、毎日頑張ってもらうしかないね。

一方、娘特派員は

失業保険請求やその他の申請も終え、頻繁に短時間のサーフィンはできている様子。 今日もいつもの仲間と Social distance を保ちながら、いつものスポットへ。

そこで久しぶりに会う白人の知り合いに会ったそうな。 その人は久しぶりに会えたうれしさからハグをしてきた~! それを受け入れてしまった娘は、後で仲間たちにこっぴどく叱られたそうな。 「これから2週間は保菌者として扱う」と言われる始末。 それは、しょうがない。 なまぬるい日本でも、握手さえしないのに。

みんな、頑張ってる
ハワイでロックダウンが始まって約2週間。 感染者数も落ち着いてきているという人もいれば、近くの人が亡くなったと言う人もいます。

ゴーストタウンのように人も車も少なくなって淋しいけれど、みんな stay home を頑張っているということ。 スーパーでの social distance もきちんと守っているし、特別大きな混乱もなさそうです。

小さなお店の方達の中には、ポジティブにこれをチャンスと捉えて、違った販売方法や新しい顧客を開拓している人も。 娘特派員もそんな人達を見るたびに刺激を受けたようです。 

行動が大切。 今まではある程度知識を蓄えてから行動を起こしていたけれど、行動している途中に学ぶという形もあるんだ。」ということを学んだよう。 今後の仕事や株の勉強にも活かせるといいです。

残りの人生、あと1回あるかないかのこんな貴重な期間を、決して無駄にしてほしくない。 あと3週間、いろんなことを学んでほしいものです。 頑張れー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました