ハワイのロックダウン3 ー 治安は大丈夫か 

ハワイ


娘特派員

娘特派員

お久しぶりです。いろいろと気を付けながらも、健康のためにほぼ毎日サーフィンしています。

誰のためというより、公開日記という感じですが‥。

今日55回目の誕生日を無事迎えることができました! イェーイ! 他の人よりは「死」が身近だったり、志村けんさんのニュースがあったりで、「生きてるだけで丸もうけ」を実感しています。
ハワイの今
ハワイのコインパーキングは普通は1時間$3かかります。 ところが今は、街にはローカルしかいないし、地元のお店を助けようという気運から、無料になっているそうです!
いつもは海まで歩いて10分くらいの場所に駐車して、ボードを持って行くことが多いけれど、ワイキキであっても海のすぐ前のコインパーキングに無料で停めて、タオルだけ持って行けばいい、と海に入る人にはいい環境になっているようです。
ところで、「ロックダウン中に海に入っていいの?」と聞かれそうですが、健康のためのサーフィンは認められています。
ただし、ビーチで寝たりするのはだめ。 また、道で知り合いとおしゃべりをするのもだめ。 どちらも同じ場所に留まっているのがいけないのかな? 警官に注意されても改善されない場合は、最高50万円の罰金です。 今までに約1,500人が切符を切られているそうですよ。
治安が心配
同じアメリカでも、州のトップによってサーフィンができない所もあるそうです。 ハワイやカリフォルニアでは、短い時間のサーフィンはOKなのですが、一方フロリダでは認められていません。
そのフロリダで1人のプロサーファーが海に出ていると、浜辺で警官が空に向かって銃を発射! その後20万円の罰金を取られたそうです。
治安が悪くなる不安のため、一般人でも銃を今買う人が増えているらしいですね。 怖~。
ホームレスは情報レス?
なぜかホームレスの人とお話するチャンスがある、娘特派員からの情報です。
一人のホームレスの人がカフェに軽食を買いに来ました。 ここで座って食べられないことを告げると、彼は怒って「なんでだ、差別か」と。 いろんなことを説明しても、初めて聞いた話ばかりだったようです。
そういえば、情報ソースであるスマホもないし、最近は新聞が捨てられていることも少なくなって、世界の状況を全く知らなかったようです。 あれだけいた観光客がいなくなったことで、何も感じなかったんかと個人的には思いますが(笑)。

普段は1日5,000人以上の日本人がハワイを訪れますが、先日の発表では19人。 ハワイの人だとか理由がある人で、決して観光客ではないのでしょうが。 今行ってもホテルにいるだけですからね。

ホームレスの人たちも公園が閉鎖されたため、ワイキキにやってきている人も多いとか。 いつもはひとり行動する人たちも、今は団結というかグループになって固まっているそうです。 団体でいる方が理不尽な暴行を避けられるし、新しい情報にも触れられる機会が増えるかもという点では、彼らなりの自衛なのかもしれませんね。
あと1か月です
現在は飛行ルート確保のため、各航空会社はガラガラでも頑張って飛ばしていますが、あと数日すれば日本・ハワイ間のフライトは当分なくなると。
息子は帰国も選択肢の1つに入れて考え始めているようです。 しかし、地方の自宅までは公共交通機関を使えない、もし東京や大阪に滞在するにしても2週間何もしないのに結構な金額が必要になることから、できるだけそのアイデアは優先順位下位に。
地元の野菜などの食材をセットにして配達するというサービスを始めたケータリング業者もあって、スモールビジネス、ローカルビジネスの皆さん、頑張ってます。 あと1か月・・皆さんご無事に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました