ハワイアン航空ーアフターコロナにサービスはどう変わったか:搭乗する際の注意

ハワイ

留学生や帰国者のために、8月にJALから数便の臨時便が出るそうですね。

知り合いも何人かはそれを利用するようです。そしてちらっと金額を見ると、20万~50万円

いろんな意味で、搭乗するのにも緊張するでしょうね。

3週間前ハワイアン航空アフターコロナの搭乗に際しての注意点、サービスの変化などを出してくれています。

英語だけだったので、日本語にしてみました。

今は直行便はなくて今年の渡ハはあきらめたけど、妄想で準備は怠らず!

What to expect when traveling with Hawaiian Airlines

皆さまを機内にお迎えする準備ができています

皆さまの健康と安全を守るために対応しています

 

 

ご自宅で

ご旅行の準備

 

 

以下の物をすぐ出せるようご準備ください

ハワイアン航空モバイルアプリ

チェックインやデジタルボーディングパスのため、アプリをダウンロードしてください

マスク

空港内、機内にいる間は常にマスクをしてください

旅行に必要な書類

オンラインで、もしくはダウンロードして印刷した紙で、旅行者登録を完了してください。

 

どのように皆さまをお迎えする準備をしているか

 

衛生管理

静電気スプレーを使用し、病院と同レベルの消毒剤で全ての面を均等に消毒しています

空気の質

客室の空気は、99.99%のバクテリアやウイルスを除去する、ヘパフィルターで循環された清潔な空気のみです

 

空港で

 

 

チェックイン時

空港内はどこでも、ソーシャルディスタンス(6フィート:約2メートル弱)を実施しています

 

 

従業員と皆様の安全のため、旅の行程中は必ずマスクをしてください

 

皆さんがよく使われたり、触られる場所は、1日に何度も消毒しています

メモ : ハワイアン航空のアプリなら、接触することなくチェックインできます

 

TSAの前

体温検査が行われます

 

 

TSAで

以下の物をご準備ください

ハンドサニタイザー(12オンス:約340ミリリットルまで)、空の水筒、トラベルピロー、ブランケット

ゲートで

できるだけ接触が少なくなるように、後ろの座席の方から前の座席の方へ順番に搭乗をご案内します

お座席ごとの案内があるまでお待ちください

メモ : コンタクトレスの搭乗をご希望される方は、デジタルボーディングパスをご使用ください

 

 

 

機内で

 

 

機内・搭乗

機内で間隔をとるために、予約できないお席がございます

お席に着かれましたら、フライトアテンダントがウエットシート サニタイザーをお配りします

 

フライト中

フライト中のサービスを変更しています

 

接触を最小に抑えるため、お飲み物とお食事は同時にお配りします

共有スペースは20~30分毎に清掃されます

 

着陸時

フライトアテンダントが、前方のお席の方から出られるようご案内しますので、それまでお待ちください

 

私たちが大好きな場所に戻れること、そしてまた皆さまに機内でお会いできることを心からお待ちしております

E komo mai (=Welcome)

 

なんのための”空の水筒”かはわからんけど・・。

皆さん、どうぞご安全に!!

♪♪ JAL臨時便についての記事はこちら ♪♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました