お家でハワイ気分:Hawaiian Host監修 マカダミアナッツクッキーを作ってみた!

ハワイ

ビーチやお店がリオープンになって、ハワイの人たちが喜んでいる姿を見るのは私もうれしいんだけど、次ハワイに行けるのはいったいいつになるかな~。

そんなことを考えながらクッキーでも作ろうかなと考えていた時、ロックダウンが始まった頃ハワイロスになった時のために買っていたものを思い出しました。 そうだ!

じゃ~~ん!

ハワイアンホースト・ジャパン㈱監修で、共立食品㈱から販売されています。 イオンで見つけたんですが、700~800円だったと思います。 ホノルルクッキーカンパニーのパクリのような形! 面白そうだと買っていたのを忘れていたのでした。

箱の中には、クッキー粉の他、チョコレート、マカデミアナッツ、パイナップルの抜き型が入って、約15枚分。 ハワイアンホースト・ジャパン㈱の監修とパイナップルの抜き型が決め手で購入。

用意する材料は特別なものはないのですが、無塩バターがなかったので買いに行きました。 今はバター不足?それともstay homeでお菓子作りをする人が多いのか? どの店にもなくて業務用スーパーの超でっかい無塩バターを買うはめに。

混ぜて、冷やして、型を抜くだけ。 簡単です。 そういえば学校が休みになる頃だったから、お子さん用なのかもしれません。

170℃で15分程オーブンで焼けばできあがり。 そのまま食べてもおいしいのですが、そこはハワイアンホースト監修だけに、チョコレートをディップします。 クッキーが四角形ならビッグアイランドクッキー風に斜めに、パイナップル形なら水平につけてホノルルクッキーカンパニー風に。

”風”にしては、よくできました。 味の感想・・もちろんおいしいんですが、お菓子作り用のチョコレートなのか、やはりハワイアンホーストのチョコレートとは違う味。 ハワイアンホースト・ジャパン㈱は、マウナロアも取り扱っているようなので、このマカデミアナッツはマウナロアのものなのかしら?

日本でもおなじみのマウナロア。 ハワイ島の工場見学に行った時には閉まっていて、併設のショップで買い物だけしかできませんでした。 いつかリベンジするつもりです。

チョコレートが結構あまったので、今から考えると、それにマカデミアナッツを置いて、本当のハワイアンホーストのチョコレートみたいにすればよかったかな。

ハワイ好きなファミリーだと、小さなお子さんも一緒に楽しめます。 パイナップルの抜き型は繰り返し使えるので、今度はドライフルーツを置いて、まさにホノルルクッキーカンパニー風を作ってやろうと思っています!


コメント

タイトルとURLをコピーしました