固定電話を無くす、保険レディーの訪問、持続化給付金・・を考えた忙しい1日でした

おばちゃんのおかね

今日はなんだか忙しかったのです。

予約してソフトバンクで相談してきました

固定電話を無くしたいと思っていた矢先、ソフトバンクから「契約期間の自動更新に関するお知らせ」が届きました。いい機会だと思い、ソフトバンクでいろいろ尋ねることにしました。

コロナ対策のため、今は来店するには予約をすることが推奨されています。昨日予約しました。

聞きたいことをリストアップ。おばちゃんの聞きたいことは初歩的なものばかりです。

  • 固定電話を無くしたい。方法と時期
  • Wifiはどうなる?
  • 今使っているスマホの機種変更時期
  • ペイペイの使い方

固定電話に関しては、結局ハガキの番号に連絡する必要があり、今日かけたところでは The line was busy. 混雑しているのでおかけ直しください、だったのでまた今度ご報告します。

 

保険レディー、突然の訪問

お約束はしていなかったけれど、担当が変わったとかでお越しになりました。元々一度も担当の方に会ったことがなかったので、変わったと言われても・・。定期点検活動ということでした。ご丁寧に・・恐縮です。

昔の保険レディーはエグかったですよね(笑)。高給だったんでしょうね。パワフルでキラキラだったイメージがあります。

今日のお二人は素敵な保険レディーでした。新入社員と本部からの教育係の方。新入社員の方は、途中で2回お腹が鳴っていた・・かわいとぉ。聞こえなかったふりをしたけど、倒れんように頑張りよ!とおばちゃんは心の中で応援していましたよ!

 

両学長や皆さんのおかげ

この保険は個人年金保険。60才から70才まで、毎年個人年金を受け取ることができます。これのおかげで、国の年金は70才からに繰り下げ受給ができると踏んでいます。予定通り行けばですが。

こちらも疑問点を解決することができました。

  • 60才で個人年金は受給なのに、保険期間70才と記載されている ➡ 60才以降は希望すれば任意で継続して保険に加入できる(月々5000円くらいらしい)
  • 死亡給付金受取人が現在子ども1名100%になっている ➡ 二人の子どもに50%づつに変更

両学長の保険のお話で学び、「60才以降の保険は最小限にしたいので、年金受給のみで、保険は継続しない」と考えるようになりました。国民健康保険と県民共済にも加入しているし、もしくはそれくらいは貯蓄でなんとかなるようにした方がいいのですよね。

両学長や学長を通じて知った方々のお話を聞いて、自分が老後のお金をどう考え、どう扱うかがはっきりしたような気がします。おかげさまで、今はモヤモヤが晴れています。

 

持続化給付金の確認?

持続化給付金で提出した書類について、セキネさんと名乗る女性から2日連続留守番電話にメッセージが残されていました。「ご協力をお願いします。」と。

3か月ほど前に給付は完了しているはずなのに。「何か不備でも?」「まさか返金しろとでも?」いろいろ考えました。ナンバーディスプレイにしていなかったので番号もわからず。再びかかってくるのをモヤモヤしながら待っていましたが、待っている時にはかからないもの。

私が離婚時に学んだことの1つ。「恐れるものあれば、自ら行く!」です。

これはモヤモヤしたり、逃げたい課題がある時にでも自分から向かっていくと、どんな結果になろうとも解決が早いのです。ずっとモヤモヤしているより、精神衛生上良いのです。

ネットで番号を調べ、電話してみました。給付申請番号も伝えましたが、何度調べても向こうからこちらに電話をしたという記録が残っていないというのです。

そう言えば、「ご協力」ってどゆこと?なんか重要ではないような響き・・もしかして何かの詐欺

結局、電話番号以外にも連絡先は知らせているのだから、もし重要であればまたなんらかのコンタクトがあるはず。とりあえずいったんモヤモヤは一時解決。

 

結果

まあまあ忙しかったけど、それぞれ一歩進めて心のモヤモヤが少し晴れた点で、充実した日になりました。イエ~イ(笑)!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました