メルカリで手塚治虫の「ブッダ」全巻を購入した

ひとりごと
手塚治虫は好きですか?

3年前からメルカリを利用しています。それまでは新しい物やブランド品でも、人にあげる程でもないなぁと捨ててしまっていました。もったいない!!

今では使わない物を出品して、毎年10万円くらいにはなっています。そしてた~まに購入もしたりします。

先日娘とアマゾンのキンドル本についての話をしていました。

娘特派員
娘特派員

最近、仏教に興味があるんよな~。うちは何宗やったっけ?

の流れで、おススメを聞かれたので、

手塚治虫の「ブッダ」

と答えました。中学生の頃読んだものを、自分でもよく思い出したと思います。

今は漫画は全く読みませんが、小学・中学校時代はジャンプを中心に、本当によく読んでいました。

手塚治虫は大好きで、特にアニメで見た「リボンの騎士」、「メルモちゃん」、「ブラックジャック」は衝撃的でした。

他にも彼の作品はたくさん読んだと思いますが、「ブッダ」と「火の鳥」はずっと心のどこかに残っていました。

 

メルカリで購入!
「紙で読みたいな」と二人で盛り上がり、新品を探すと5,000円程します。
「高いなあ・・メルカリ見てみるわ!」
結構出品されていました。初版は約30年前、その後30回以上も重版された本なので、経年劣化についてはどなたも記述されていました。
その中でもまだきれいそうで、出品者も誠実そうな方を選び、新品の半額以下、2,500円(送料込み)でゲットすることができました。
届いた1冊は単行本サイズ。確かに劣化していますが許容範囲内。全12巻で、各485円+税と印刷されています。
さっそく読み始まましたが、中学時代と違うのは、
字が見えない!!!
本を近くにしたり、遠くにしたりしながら、雰囲気で読み進めます。
読んだことがあるとはいえ、もはや初見と同じでしたが、やはり手塚治虫先生らしさ全開です。「ザ・人間」を感じます。そしてだいたいアシスタント的小さいものが出てくる(笑)。
仏教について学ぶというよりは、人間や生死についての考えを導いてくれる本。コロナ禍だからこそ、読むとよいかもしれません。
手塚治虫先生こそ、ずっ~と生き続けてほしかった人です。
帰宅すると必ずTVをつけます。しかしこれらの大量の本を読むために、TVを消して集中しました。たまにはこんな真面目な夜も秋にはいいなと感じました。チャンチャン。

コメント

タイトルとURLをコピーしました